渡邊農園の枇杷について

渡邊農園で生産している美味しい枇杷をご紹介します。

 

長崎早生(ながさきわせ)

早いものは1月頃に出荷されるという「長崎早生」。寒さに弱いためハウス栽培されることが多く、露地ものに比べると2か月ほど早く店頭に並びます。果重は 40~60g程度で糖度は比較的高く、みずみずしく上品な味わいです。この品種は「茂木」と「本田早生」の交配で、1976年(昭和51年)に登録されています。なおハウス栽培のものは、箱に「茂木ビワ」と書かれていることがあります。

涼風種(すずかぜ)

「楠」と「茂木」を交配して誕生し、1999年(平成11年)に登録された品種です。糖度が高いのが特徴で、食味がフルーティーで果汁を多く含み大きな果実をつけます。
名前のごとく涼しい(甘たらしくない)甘さと、果汁たっぷりの果肉は春の風を届けてくれます。
果重は50~60g前後で6月上旬頃に出荷されます。

夏たより

なつたよりは長崎県果樹試験場で育成され、2009年(平成21年)に品種登録されたビワです。親の掛け合わせは「長崎早生」×「福原早生」。サイズが60g前後と大きく、甘味は強めで酸味は控えめ、果肉はソフトでみずみずしく上品な風味が楽しめます。収穫時期は5月下旬~6月上旬頃です。

今が食べごろの『びわ』に関しては、
渡邊農園からのお知らせでチェックできます。